Japanese | English | Sitemap
HOME > 革新技術TOP > 空間除電

空間除電

空間除電 / 無風除電 / 無漏電構造 / 防爆認定 / 高精度イオンバランス / イージーメンテナンス / TRINC METHOD / サプライズムービー

空間トリンクとは..?
なぜホコリがワークに付着するのか?」
TRINCはこの基本的な問題に注目し、ホコリ付着のメカニズムを分析しました。
結果、浮遊する帯電したホコリ(活性ホコリ)がワークに付着することが判明。
つまり浮遊するホコリごと空間を除電すればワークへのホコリ付着を
防止できることがわかりました。 この発想からTRINC独自の
ルームレスクリーンルーム ―壁のないクリーンルーム
が生まれました。 ホコリを不活性化してホコリが付着しない環境を実現します。
空間トリンクでホコリが付かない!
トリンク独自のルームレスクリーンルーム機能によって、部屋全体を除電しホコリを不活性化!
ワークにホコリが付着しません。
     空間トリンク無し ワークに見立てた樹脂板に、発泡スチロール製の擬似ホコリを至近距離に落下させた実験映像。空間TRINC未使用時では、樹脂板、擬似ホコリともに帯電して吸着と反発を激しく繰り返し、樹脂板への付着も夥しい。
     空間トリンク稼働中 未使用時と同様に擬似ホコリを樹脂版の至近に落下させているが、周辺空間を丸ごと除電する空間TRINCの働きによりホコリの樹脂板への付着はまったく見られない。ホコリは揺動もなく、静かに落下している。

空間トリンク等の導入事例
空間トリンク等のTRINC製品導入事例はこちらへ


ホコリ払い工程に最適

ワークへ付着したホコリをエアガンで吹いても、帯電したホコリは舞い上がって、
今度は裏面に回り込み再度ワークへ付着してしまいます。

従来不可能とされていた、この「回り込み現象」のホコリを
不活性化することで解決します。


従来のバー型ではほこりがワークの上に積もる!?

従来のバー型除電器はワークの真上に除電器を置くレイアウト。
除電器にホコリを吸い寄せる性質の高圧部があり、
この部分にはホコリが滞留してしまいます。
ワークの真上に除電器を配置してしまうと、ここにたまったホコリが
ワーク上に落下して不良を引き起こすことがあります。

この現象に対し、空間 トリンクはワークの真上から除電器を逃がしたレイアウトで対処。
使用環境がクリーンルーム/クリーンベンチなら無風除電®で層流を乱すことも
ワーク上にホコリをまき散らすことも無い最高の環境を創ります。


イオン特性を利用して空間内をくまなく除電   リンクポートで自由なレイアウトを実現

空間トリンクはイオン極性の同期をとることにより効果的に除電空間を拡張可能です。
除電器の同期を簡単にとれる「LINK PORT」を装備しています。
それぞれの除電器が放射するとプラスとマイナスのイオンを同期させ、
強力で広範囲をくまなく除電することを可能にしました。
クーロン力を利用する改良型直流方式ならではのイオン放散能力で異形空間への対応も万全です。


空間除電
空間トリンクの製品ページへ
空間除電』 『無風除電』 『イオンエンジン』 『微風除電』は、当分野で先駆した株式会社TRINCの商標登録です。